Office のExcel Word Outlook PowerPoint を修復する方法

  • 2020-03-05 14:00:31

Office を修復する手順のご紹介です。

Excel、Word、Outlook、PowerPointでフリーズ・応答なしなどの不具合が頻発する場合、Office を修復してPCを再起動してみましょう。

Office を修復する前に、Excel、Word、Outlook、PowerPointなどを閉じておきます。

こちらは、Windows 10 にインストールしているOffice 2019で実行してみました。

Office を修復する方法

Office を修復するには、以下の操作手順を行ってください。

1.「スタート」メニューから「設定」をクリックします。「設定」画面が開いたら「アプリ」をクリックします。

Office を修復する方法の手順①

2.「アプリ」が開いたら画面の左側から「アプリと機能」をクリックし、アプリの一覧から「Microsoft Office 2019」をクリックします。

※ 表示されているOffice名は、インストールされているOfficeのエディションによって異なります。

3.「変更」をクリックします。

Office を修復する方法の手順②

4.「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリックします。

「ユーザーアカウント制御」が表示される

5.「Officeプログラムをどのように修復しますか?」と表示されたら、「クイック修復」を選択し、「修復」を押します。

「Officeプログラムをどのように修復しますか?」

※ 「クイック修復」を選択した場合、ネットに接続する必要なく、問題のあるファイルを検出して、正常なファイルに置換する作業が実行されます。

※ 「オンライン修復」を選択した場合、ネットに接続する必要があり、完全な修復作業が実行されるため時間が長くかかります。「クイック修復」を実行しても問題が解決しない場合に、「オンライン修復」を試してください。

6. 次の画面で「修復」をクリックします。

「修復」をクリックします。

7.「修復しています…」と表示されるので、しばらく待ちます。

修復しています…

8.「修復が完了しました。」と表示されたら、「閉じる」をクリックします。

修復が完了しました。

以上でOffice の修復が終了しました。

PCを再起動してExcel、Word、Outlook、PowerPointなどを開いてみましょう。

ページトップへ